製品情報

KATSUDA 断裁機は、、、 多種多様な仕事、プロセスに対応する、幅広い製品シリーズ。長年の設計・製造技術を継承、深化、拡張する製品造り。トップレベルをゆく、操作性、安全性、耐久性の製品追求。
継承
  • JMC1〜6により蓄積した豊富なノウハウを忠実に受け継ぎ、先進テクノロジーによる制御システムの再構築化を実現。
  • 絶対値位置検出方式のブラシレスACサーボモーターによる高分解能・高応答性を実現。
  • 生産効率、作業性を損なわずトップレベルの安全性を追求した各種フェールセーフ機構を搭載。
  • 経年変化、耐久性に優れた機械構造を継承。
深化
  • 大型・高輝度化されたLED表示による視認性の向上。
  • 人間工学的デザインに基づき配列された高感度タッチキーによる操作性の向上。
  • マイコンCPUの高性能化に伴い高次元のパフォーマンスが体感できます。
  • 全容量化されたメモリーはユーザー選択方式。200コース×100ステップ/400コース×50ステップ。
拡張
  • 機械式無段階変速装置、又はインバータ制御方式による刃物下降速度の無段階変速化(オプション対応)
  • 汎用パソコンによるコースデータの作成、入出力、保存が可能。(オプション対応)
  • プログラムロジックコントローラーを搭載することにより、迅速、且つフレキシブルな特別仕様対応が可能。

SH HOP 小型シリーズ 搭載コンピュータ:JMC4fx

複雑な作業も一気にこなす、コンピュータ断裁機

標準製備されたコンビュータが、複雑な断裁工程も正確にコントロール。作業能率が、飛躍的に向上します。そして、各部に採用した独自の設計によって精度の高い断裁を長期間にわたって維持します。HOPシリーズは.半世紀にわたって蓄積した数多くのノウハウと最新のエレクトロニクス技術を結合させた、高性能断裁機です。

  

       【SH250-HOP JMC4fx】    

                           

      【SH220-HOP JMC4fx】

(※SH220は新台生産終了→NewシリーズKC66へ

■仕様

機 種 SH250HOP SH220HOP SH200HOP  
断裁可能幅 [mm] 762 668 606 A
断裁可能奥行き(手送り最大) [mm] 765 668 606 B
クランプ高さ [mm] 140 120 100 C
前テーブル長さ [mm] 600 527 450  
機械寸法 幅 [mm] 1667 1520 1263 W
長さ [mm] 1809 1550 1393 L
高さ [mm] 1527 1462 1415 H
定盤の高さ [mm] 855 855 855 D
紙締め力 [kg] 200〜2500 200〜2500 200〜1600  
回転数 [rpm] 42 42 42  
所要動力 主モーター [kw] 2.2 1.5 1.5  
油圧モーター [kw] - - -  
送り用 [kw] 0.4 0.4 0.4  
エアーテーブル [kw] 0.28 0.28(オプション) 0.28(オプション)  
重力 [kg] 1800 1500 850  
切断方式 片引き式 片引き式 片引き式  
刃物寸法 [mm] 940×130×11.1 850×130×9.5 750×130×9.5  
機械本体の幅 [mm] 1532 1395 1225 J

■標準付属品/刃物2枚・定木5本・工具一式
■標準装備/定盤表面硬質クロームメッキ・カットライン(切断線指示装置)・ソフトクランプ安全装置(SH200-HOPは除く)
■別注による特別装置/エアーテーブル・光電管安全装置・定盤奥行特別長大・袖定盤別注テーブル・その他

コンピュータ装置仕様

項目
仕様・内容
送り軸制御 ブラシレスACサーボモーター
絶対位置検出方式(原点復帰操作不要)
表示方式 大型7セグメントLED [赤]
(輝度重視)
大型7セグメントLED [緑]
(視感度特性重視)
記憶容量 200コース×100ステップ(ステップ優先)
400コース×50ステップ(コース優先)
データ外部保存方式 パソコン接続 [RS232C] ※オプション
表示(単位)切り換え ミリ/尺/インチ
プログラミング 入力方式 アブソリュート/インクリメンタル併用
数値記憶、刃物記憶、現在位置記憶
入力文字 −−−−
指令値 0.01mm
付帯機能 エアーOFF・ハンマー・リピート・等分割
突き揃え・前Uターン/後Uターン、他
その他 四則演算、自動手送りモード
プログラムロック、自動パネルロック
バックゲージ
(送り)操作
数値送り
インチング
パルスハンドル(オーバーライド機能付き)
バックゲージ
補助機能
送り速度設定
送り減速時間設定
送りスタート時間設定
作業管理項目 刃物回数1表示:作業管理用
刃物回数2表示:刃物交換管理用
コース残数表示:(未登録コース数)
−−−−
自己診断機能 プログラミング操作、機械系エラー等を自動で診断し、
エラーコードを表示します。

緑色LED採用

緑色LED採用視感度特性に優れた「7セグメントLED」をご用意しました。

※標準出荷状態は'輝度優先(赤色LED)'です。御契約時に選択してください。

ネットワーク化

パソコンとのシリアル通信機能を標準装備。各種インターフェースの組み合わせにより、複雑に変化する将来のネットワーク化への対応準備が整いました。

※別売のアプリケーションソフト、及び通 信ケープルが必要です。尚、汎用パソコンはお客様でご用意してください。

操作説明

高い安全性、両手操作式断裁スイッチ

左右の断裁スイッチを同時に押すことにより、押さえ(クランプ)、刃物が動作します。刃物下降中にいずれかの断裁スイッチを放すと刃物は急停止します。

二重安全二度降り防止方式(一工程一停止機構)を採用

両手式断裁スイッチを押し続けても、刃物は一回転動作を完了後、上死点位置で停止します。

瞬時に刃物が停止する光電管安全装置

刃物下降中に、断裁機本体開口部の両側に取り付けられた光電管の光軸を遮光すると刃物は急停止します。刃物が上昇中の場合は停止せず、上死点位置で停止します。

 

ソフトクランプ

見当ペダルによる押さえ圧力を最小限に軽くし、オペレーターの安全を守るソフトクランプ機能を標準装備しています。

断裁位置が一目でわかるカットライン

断裁位置が一目でわかるカットライン刃先が降りる位置を幅0.5mmの光線が照射します。現物による断裁や、記憶作業がスピーディーに行なえ、事故を防止します。※注意:実際の光線色は赤ではありません。

紙送りがラクなエアーテープル

定盤表面に装備したボールバルブ付空気孔から吹き出すエァーで、紙は定盤上に浮いた状態になり、重い紙もラクに取り扱えます。さらに、ボールバルブは落ちこみや、へこみをおこさない構造です。(SH220・200HOPは特別仕様)

作業能率を高める手送りパルス八ンドル

現物記憶の最初の位置決めや、自動断裁中の印刷ずれの合わせなどの際に行ないます。手送り作業のために、標準装備しました。

機構説明

紙押え櫛上昇機構は二重の安全設計

紙押え櫛上昇機構は二重の安全設計紙押え櫛上昇用コイルバネとチェーンは、安全を重視した二本づり方式です。

重裁断にも、びくともしない本体フレーム

重裁断にも、びくともしない本体フレーム高級鋳鉄製のフレームは数多くのリブを配したボックスタイプの一体構造(フレーム、脚部、ベッド部を一体化)を採用。低振動、高剛性の設計です。

送り精度を確保する、精密ボールねじとリニヤガイド

送り精度を確保する、精密ボールねじとリニヤガイドボールねじは、精度JISC5を確保しバックラッシュ"0"にしています。又、スライド本体と共に防塵のためオールケーシングにしていますので、耐久性は抜群です。ボールスクリュー、リニヤガイドへの給油は手動ポンプによる集中給油で、油はナットの内部に注油し、細かい塵埃等は、油と共に外に出るようになっています。
●ボールスクリュー<C5級>
●リニアガイド(2本レール)<予圧保証品>

型式検定

型式検定全機種に標準装備された両手操作式断裁スイッチは厚生労働省が定める労働安全衛生法に基づいた型式検定に合格しています。

型式検定合格番号:TA318号、TA353号

パワフルな駆動と確実な停止を行うクラッチブレーキ部

パワフルな駆動と確実な停止を行うクラッチブレーキ部断裁刃物のパワフルな駆動と確実な停止を担う重要部分には、電磁クラッチ(スプリングクローズ)を使用。また、ギヤ部は密閉オイルボックス内に装備され、注油レスで、静音性も優れています。また、ウォーム減速機は高い伝達効率と耐久力を持つ設計でrす。